1. トップページ
  2. 高級スキンケア化粧品の何が違うのか?ブランド別のメリット・デメリットのまとめ

高級スキンケア化粧品の何が違うのか?ブランド別のメリット・デメリットのまとめ

自分の肌に高級化粧品は必要なのかな?

基本的に高級化粧品を使ったら肌が綺麗になるってことはありません。

  • 品質
  • 機能的な成分
  • 浸透技術

このどれかが高級化粧品に見られる特徴ですが、どれも高級化粧品ではないブランドでも十分あります。

特に機能的な成分と浸透技術に関しては、化粧水1本5,000円クラスで十分いいものがあります。

化粧水1本3万円などは、そりゃもういい香料や品質のいい成分を使っています。ですが、それと5,000円クラスの差がどうかというと、肌に及ぼす差はほぼゼロに近いです。非常に微差です。

結局の所、高級化粧品と普通の化粧品の違いって何かな?高いと効果あるのかな?お財布に厳しいな……と考えている時点で、もうあなたは高級化粧品が合う、買うべき人じゃないんです。

高級化粧品を買って満足している人は、買うのにそんな思考で至っていません。デパートとかで勧められるがままに購入していたり、最初から高級品しか買わないつもりで買っています。

このサイトを見ている時点で、高級化粧品の購入はほぼ間違いなく後悔します。

一応、各高級化粧品ブランドの特徴と価値についてまとめておきます。いい製品ですが、肌悩みがこれで解決するとは思わないことですね。

SK-II

独自のピテラ液が売り。中身は濃いアミノ酸とミネラルやビタミン。

化粧水は価値ありと言えますね。ただ、やはり肌がそれなりに綺麗、弱くない人向けです。かなり成分が濃いので、合わない人は合わないです。刺激性があるとかではなくて、美容成分が濃すぎるのが理由。

保湿力がすごいかというとそうでもなくて、かなりあっさり。素肌がそれなりに整っている人だと、この化粧水で透明感とキメはかなり維持されます。

化粧水+ワセリンやスクワランなどの組み合わせで予算を抑えるといいでしょう。

メリット

  • 濃厚すぎるほど濃厚な美容成分
  • 肌本来の自然な成分
  • 余計な添加物が少ない

デメリット

  • 高級化粧品にしては珍しい無香料のため成分の独特な香りが……
  • ピテラが売りで他の成分や技術は知名度が低い

価格帯

2万円から

ポーラB.A.

ポーラはコラーゲン生成についての研究でトップです。実際に日本で初めてシワ改善(コラーゲン分解を妨げる)効能が認可された美容液を発売。シワ、たるみに関しては一歩抜けています。

シワがどうとかなんて、そこら中の化粧品広告に書かれていますよね?でもポーラは全く違います。

他のブランドはみんな、せいぜい乾燥小じわ。潤いで一時的にシワを消すだけです。でもポーラは深いシワ。コラーゲン原因のシワを改善する成分や仕組みを作り続けています。

さすがにスパッとシワが消えるわけじゃありませんが、これからずっと毎日使っていけば、周りよりシワが少ない顔でいられる期待はあります。

シワ改善効果は「リンクルショット メディカル セラム」だけですが、これは医薬部外品としての認定を通ったからです。むしろ、これより高い価格のラインは、「リンクルショット メディカル セラム」以上の期待があるほどです。ただ単に医薬部外品認定は時間とお金がすごいかかるのでやっていないだけとも。

メリット

  • 国に認められたシワ改善がベース
  • コラーゲンに関する最新研究が試せる
  • 成分重視なので高価だけで無駄遣い感がない

デメリット

  • 成分重視なので高級感がいまいち
  • 成分に期待する分、どうしても結果を早く求めて不満を抱きがち(何年もつかってこそです)

価格帯

2万円から

ノエビア

高級化粧品の代表格ですが、5,000円くらいのラインもあって展開が豊富。上は美容液1本5万円というのがあります。国産高級化粧品の中でも別格の存在です。

5,000円のラインでも「ノエビア使ってるよ~」と言えるメリットがありますね。

特徴は成分と浸透技術です。

一般メーカーがあまり使いたがらない、というか使うのに技術が必要なため避けられる、でも効果は高い成分を前面に押し出して配合しているラインが高価です。

特に植物エキスには自信を持っており、北海道に自社農園と実験場まで作っています。植物エキスは普通仕入れて配合するので、ここまでやるのはさすが高級ブランド。

メリット

  • 成分と浸透技術の2つが揃っている
  • 有効とされる成分が非常に多く採用されている
  • 自社研究による自信が安心
  • 香りが非常に良くて高級感あふれる(一部超高級ライン)

デメリット

  • 10万円もするラインがある(内容は伴っているがそこまでは?)
  • お手頃ラインもあるためブランド全体の高級感が崩れやすい

価格帯

安いのは5,000円から。高価なのは10万円超え。

カネボウ

カネボウというと馴染みのあるブランド名ですが、化粧品としてはかなり高級なラインが揃っています。

一般には1,000円台で売られている製品もあるため、カネボウ=大衆ブランドと思っている人もいますが、上にはノエビアを超える価格帯ラインがあります。

その高級ラインの特徴は、カネボウが独自に開発した「塩化レボカルニチン」という医薬部外品成分です。高価なラインはほぼ間違いなくこれが配合されています。

これは何かというと、肌のバリア機能に欠かせない細胞間脂質(セラミドなど)を増やして、肌荒れを起こしにくくなる。肌荒れによる炎症はコラーゲンを壊すため、結果的にシワやたるみが起きなくなるというわけ。

その他、炎症に対する成分も独自性があり、他の類似ブランドと成分内容が違うのが分かります。オイル分なども高価なもので、おそらく品質が高いものを使用していると思われます。

メリット

  • 独自の医薬部外品成分が効果的
  • 肌荒れに強い(シワ予防力が高い)

デメリット

  • 価格帯の幅が広すぎて選びづらい(3万円以上のラインはそれぞれの差が分かりづらい)
  • 過去の白斑騒動でマイナスイメージを持っている人もいる
  • 容器の高級さの差があまりなく、所有欲が若干弱い

価格帯

1,000円から10万円超えまでライン豊富。

ゲラン

スキンケア化粧品より香水やメイクアップ化粧品のほうの印象が強いですね。

フランスのブランドなので香りや容器は本当に独特。所有欲という意味ではすんごい高い、本当にセレブ御用達って感じです。

スキンケア化粧品に関しては、成分表だけ見たら普通です。ただ使っているオイルが高級なのか、成分表では見えてこない差はありそうです。他社のように技術や成分をアピールしていないため分かりづらいのは正直ありますね。

基本的にアロマ効果でしょう。フランスの香水を買うつもりで検討すると満足しやすいでしょう。

メリット

  • オイルが希少・高品質
  • 使っていることだけで満足・自慢できる
  • 容器をインテリアに置いておけるほどのデザイン

デメリット

  • 機能性を求める人には物足りない
  • 成分内容自体に特性はあまりない

価格帯

1万~10万円以上

資生堂

クレ・ド・ポー ボーテが高級ライン。

見てからに何かすごい見た目の容器が目を引きます。ダイヤモンドのような容器はこれだけでもコストがかかっていそうです。ですが、そこは資生堂といった感じで、べらぼうに高くなくて他の高級化粧品より手が出せる範囲です。

資生堂はドラッグストアでお馴染みなのと、メジャーすぎて高級感が薄れているという面もあります。ですが、シミやシワの研究実績はかなりのもので、とくにクレ・ド・ポー ボーテのクリームにはシミもシワもどっちもいけてしまう仕様。何もこのあたりがアピールされていないのですが、資生堂の最先端研究結果が詰め込まれています。

高級化粧品なんて名前だけ、容器だけというマイナスイメージがある人でも、資生堂ならありかも、と思えるような内容です

メリット

  • イメージだけじゃない最先端機能がある(エイジングケア力が高い)
  • 他高級化粧品よりコスパがいい
  • こだわりのデザイン

デメリット

  • 資生堂というメジャー感が高級感を消しがち
  • 資生堂=高級というイメージが何となくなので所有欲が低い(ただ中国では絶大な信頼)

価格帯

1~5万円ほど

シャネル

高級化粧品と言えば!?となるとシャネルと答える日本人は多いと思います。

ですが、基本的に海外ブランドはスキンケア化粧品というよりフレグランスのほうです。シャネルも同じで、スキンケア化粧品を使っている人より香水のほうが遥かに多いでしょう。

ではスキンケア化粧品はどんな感じかというと、意外や意外。1万円ほどで売られています。

内容は独特で希少な成分を配合しているくらいしか特徴がつかめません。海外高級ブランドはだいたいそっけないアピールしかしていないので、日本の高級化粧品との比較が困難です。

シャネル、という名前だけ所有欲が凄まじいので、高級化粧品の違いを気にしている人には縁がないと言えますね。

メリット

  • シャネルの化粧品を使っていると自慢できる
  • ありがちなゴテゴテした容器ではなく洗練されている
  • 意外とお手頃価格で手にしやすい
  • 香りはさすが高級感

デメリット

  • 成分や機能面でのアピールが少なく詳細が分かりづらい
  • 肌悩みがある人には香料含めて合わない可能性がある

価格帯

5,000~5万円

コーセー

新垣結衣の雪肌精イメージが強すぎるほどですが、老舗として以前から高級ラインを展開しています。インフィニティ プレステジアスやプレディアなどです。

ただ価格帯はかなり安めです。クリームでも3万円ほど。

ブランド自体は海外ブランドのように、特に機能性や成分のアピールはなし。でもコーセーは透明感に関しての研究や実績があり、それらを反映していることは予想できます。セラミドを増やすライスパワーエキスNo.11を大手ブランドではいち早く採用しており、古い体質や自社独自成分にとらわれていないのが好感。海外の高級ブランドも日本の化粧品会社と組むならコーセーということで選ばれているほどです(非上場の同族企業で理念が安定しているため)。

会社自体も歴史がありますが、スキンケア化粧品ラインの展開も安定したものがあります。それだけ売れ続けているという証拠なので、高級化粧品を試してみ

メリット

  • 安定した機能と成分で安心感
  • 価格がお手頃
  • 透明感に強い

デメリット

  • コーセー=雪肌精のイメージが強すぎる(高級感がない)
  • 最高級ラインでも所有欲が薄い

価格帯

1~3万ほど

花王

高級化粧品のイメージは全くありませんが、1万円くらいするのを高級と呼ぶならライン展開があります。

基本的にソフィーナと呼ばれるラインです。この中で、デパート専用のデパコス「est」。ハリ、美白、保湿の3点を強化したアルブランでは、1万円くらいのクリームが販売されています。でも3万円とかは見当たらないですね。ここらへんは生活用品の王様である花王らしい価格設定。

ここで紹介しているブランドの中では高級化粧品とは呼べないかもしれませんが、リーズナブルでいいものを発売する花王ソフィーナであることを考えると、中身自体は近いと考えられます。高級化粧品独自の満足感はありませんが、中身重視で出費、肌に投資するならいいブランド候補ではないでしょうか。

メリット

  • 花王最高の製品を1万円以内で試せる
  • デパコスでもリーズナブルで満足感

デメリット

  • 花王=生活用品のイメージが強い
  • 特別な機能や成分に乏しい(ただお手軽ラインに独自成分や機能が多い)

価格帯

1万円まで